各システムの定義

【システム詳細はこちら】



日中寄り引けシステム・ナイトセッションシステムの運用

開発した上記トレードシステムの取引時間は下表の通りです。
なお、開発システム一覧の掲載スペック(バックテスト・フォワードテスト)は、全て下記ルールに則ったものとなります。また、4本値からはリミット・ストップのどちらが先に達したか分からないケースでは、検証精度を高めるためにストップを優先させることでスペックを厳しく評価しています。

trade1-2
【日中寄り引けシステムの特徴・その他】
◆当日8:45~15:15の寄り引けシステムです。
◆エントリー 「8:45の寄付成行」
◆決済 「15:15の大引成行」
◆ストップ(逆指値)設定あり
◆日経225ラージ先物・ミニ先物の双方に対応

【ナイトセッションシステムの特徴・その他】
◆当日16:30~翌日5:30の寄り引けシステムです。
◆エントリー 「16:30の寄付成行」
◆決済 「翌日5:30の大引成行」
◆ストップ(逆指値)設定あり
◆日経225ラージ先物・ミニ先物の双方に対応

ティック抜きシステムの運用

新ロジックを採用した「ティック抜きシステム」の取引時間は、下表の通り日中寄り引けシステムと同じ時間帯となります。現在は、50円抜き(5ティック抜き)、100円抜き(10ティック抜き)、150円抜き(15ティック抜き)がラインナップされています。
なお、開発システム一覧の掲載スペック(バックテスト・フォワードテスト)は、全て下記ルールに則ったものとなります。また、4本値からはリミット・ストップのどちらが先に達したか分からないケースでは、検証精度を高めるためにストップを優先させることでスペックを厳しく評価しています。

trade2-2

【トレードルール】
①エントリー後に規定のリミット(指値)、ストップ(逆指値)を設定します。
(リミットは、システムにより「50円幅、100円幅、150円幅」となります。)
↓  ↓
↓  ②指値、逆指値のいずれかに掛かればその時点でその日は終了です。

③指値、逆指値のいずれにも掛からなければ、15時15分の大引成行決済にて完了です。

【ティック抜きシステムの特徴・その他】
◆当日8:45~15:15のティック抜きシステムです。
◆エントリー 「8:45の寄付成行」
◆決済 「50円(5ティック)、100円(10ティック)、150円(15ティック)、
または、15:15の大引成行」
◆リミット(指値)、ストップ(逆指値)設定あり
◆日経225ラージ先物・ミニ先物の双方に対応

【スペック詳細はこちら】



にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

【「日経平均」はこちら】

関連記事

ページ上部へ戻る