日経225先物におけるシステムトレードの短所

Business charts and markets
【システム詳細はこちら】


日経225先物取引にシステムトレードを導入することの短所はどうでしょうか。

まず1つ目、トレードシステムそのものを構築することが一筋縄ではいかない点です。
なお、不確定要素が大きく影響するなかで、システムに任せっきりでしばらく放置したままでも勝手にプラスのシグナルを出してくれるシステム。これが理想系です。
最近ではシステムトレードに精通した投資家が構築したシステムがネット上で販売されてたりしますが、その数の多さに何を選べばいいのか混乱してしまうという難点もあるでしょう。

そして2つ目、システムトレードを継続することが非常に難しいということです。3日坊主でもだめですし、ドローダウン時にメンタルが参って諦めてしまうなど、既に皆さんもご経験がおありではないでしょうか?
システムトレードにとって、「運用を継続する」ことが生命線とも言えるほど重要になってきます。
それは、長期的に続けることを前提に、システム所定の目標値を目指していく設計になっているためです。
ただし、「Cinfidence」、「Dynamic」、「Aggressive」、「Effctive」、「Execute」、「Esoteric」、「TrendSurf」、「DriveLine」、「Advance」は直近での運用パフォーマンスに優れ、メンタル的にも優しいシステムとなっています。

【スペック詳細はこちら】


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

【「日経平均」はこちら】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る