日経225先物におけるシステムトレードの長所

Stock market concept. Scale on financial graph.
【システム詳細はこちら】


極論ですが、日経225先物取引をシステムトレードで行うことの長所の1つは、システムに『お任せ』することができる点です。

例えていうなら、旅行を長距離でした場合に、車を自分で運転して行くか、または列車などを使って行くかの違い、と思っていただけたらイメージし易いかもしれません。
「自分で車を運転する」場合には、運転中スピードや注意の払い方といった判断がすべてドライバーに委ねられているという点でこちらが裁量トレードであり、「列車で行く」場合が、切符を購入し電車に乗っていれば良いという点でシステムトレードになります。

その他に挙げられる優位な点は?

1つは、時間を自由に使えることです。システムトレードを利用することにより、データ入力と予約発注だけで本業が忙しくても取引できます。

2つ目は、エントリー~決済ポイントに悩む必要がないこと。要は、個人差が生じないということです。これは、裁量トレードと比較した場合に非常に大きな恩恵を感じます。
例に挙げた運転と旅行でお話するならば、車を使った場合に、安全に早く目的地に到着するかは運転をする人の技能や熟練度などの経験による部分が多です。一方で、列車(システム)を使用した場合には、その列車に乗った人は全員が同じ時間に到着することができます。つまり、同じ列車を使った場合に個人間での差が発生しないという事になる訳です。

この例えで言うと、どの列車、つまりどの様なシステムトレードを導入するかの熟考は必要ですが、一度自分に合ったシステムをピックアップしてしまえば、あとはそのシグナル通りに取引するだけです。
ただ、運用の継続、ドローダウン時のメンタルの維持、データの正確な入力など、事前に心得ておく項目はいくつかありますが、経験上、システムトレードの扱いに慣れるとこの上なく利便性をもたらしてくれます。

【スペック詳細はこちら】


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

【「日経平均」はこちら】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る